【天赦日】に注目!2021年10月開運カレンダー&開運行動とスピリチュアルメッセージ

スピリチュアル・学び

10月頃から、来年の運気が少しづつ入ってくると言われていますが、書店などでも10月になると来年のカレンダーやスケジュール帳、日記などが並び始めますよね。今年の運気を締めくくり、来年の良いスタートのためにも10月からの過ごし方は重要です。

2021年10月開運カレンダー

10月の開運日

10月3日(日)一粒万倍日
10月6日(水)新月(20:06・天秤座)
10月9日(土)寅の日
10月12日(火)巳の日
10月13日(水)一粒万倍日
10月16日(土)一粒万倍日
10月20日(水)大安 満月(23:57・牡羊座)
10月21日(木)寅の日
10月24日(日)巳の日
10月25日(月)一粒万倍日
10月27日(水)天赦日
10月28日(木)一粒万倍日

特に注目したいのが、10月27日の天赦日です。

天赦日の意味とは

天赦日とは、「てんしゃび」「てんしゃにち」と読み、日本の暦のなかで最も縁起の良い日・開運日と言われています。

天赦日は、中国に伝わる「陰陽五行説」と「十干十二支」の二つの考えを元にしてつくられ、日本では江戸時代よりも前から使われていたそうです。

天赦日は干支の組み合わせが良い日と季節(立春、立夏、立秋、立冬)を基準に決められており、1年に5〜6日あります。

「百神が天に昇る日」とあり、世の中のすべての神様が天に昇るので、障りがなく天が万物の罪を許すため、あらゆる障害が取り除かれ何をやってもうまく行く日と言われ、新しく物事を始めるのに最良の吉日とされています。

天(てん)が赦(ゆる)す日⇨⇨⇨ 天赦日となるんですね。

また、天赦日と大安・一粒万倍日などの吉日が重なると天赦日の効果は倍になり、凶日が重なると半減されると言われています。

10月27日は、赤口と重なる天赦日で、赤口は、一般的に厄日と言われていますが、天赦日の効果が最強というわけです。

関連記事:開運日・吉日

一粒万倍日&大安のダブル吉日の過ごし方とすると良いこと、やってはいけないこと

寅の日と巳の日とは?違いは?どっちが金運に強いの?【開運カレンダー】

10月のスピリチュアルメッセージ

全国的に緊急事態宣言の解除が宣言され、動き出し始めた10月の運気を表すようなタロットの「戦車」のカード。力強い前進のエネルギーを感じます。状況の変化へ素早く行動を起こすことを求められています。

しかしながら、進展を急ぎすることはNGです。

POTENTIAL(可能性)を示す「休火山」のカードは、溶岩のような内部に潜む巨大な力を感じさせます。長く続いた抑制された生活でのストレスやプレッシャーを一気に発散させてしまうと、力が暴走してしまい全く別の方向へ走り出してしまったり、コントロール不可能な事態に陥ってしまう可能性もあります。

戦車は、あくまでも狭い空間の中にいる戦士が、目指すべきところに突き進む強さであり、のびのびとした自由があるわけではなく、制限されている状況下で自分の力を発揮する状況です。

10月の開運行動・やること

風水では10月は金の季節であり、豊かな実りを得られる金運によい季節です。

自然の移り変わりを楽しむ「紅葉狩り」はオススメの開運行動です。紅葉は木の葉が、春〜夏の陽の気を受けて色づいたもの。人気の紅葉スポットへのお出かけも良いでしょうが、

お庭や身近な公園でも私たちに季節の恵みをもたらしてくれます。自分だけのお気に入り紅葉スポットを見つけるのもGOOD!

もみじなどの赤い葉は勝負運

イチョウなどの黄色い葉なら金運をアップさせる効果があるそうです。紅葉の写真を撮って、携帯の待受などにするのがオススメです。

季節のパワーを充電した上で、天赦日にやるとよいとされている

やってみたかった新しいことを始める
新しい銀行口座を開く
新しい財布を買う
新しい財布を使い始める
宝くじを買う
自分や家族のために欲しかった物を買う
結婚する・プロポーズする
ケンカをしていた人と仲直りする
引っ越しする

などを行うと暦の力も借りて、来年に向けての良い種まきとなるでしょう。
私は、新しい手帳を使い始める日にしようと思っています。

タイトルとURLをコピーしました