2021年10月6日「天秤座新月」の願い事・アファメーション 書き方と書く時間[スピリチュアル]

スピリチュアル・学び
2021年10月6日20:07に天秤座の新月を迎えます。このブログでは、天秤座の力を活かして願い事を叶えるための、キーワードや願い事を書く時間帯、願い事の書き方などをお伝えしています。 【月の力】新月の願い事、デクラレーションとは?願い事・アファメーションの書き方・叶え方[スピリチュアル]

天秤座の新月

天秤座は、人と人とをつなぐ人気者の星座です。どんな人とも公平に付き合えるバランス感覚を持ち、スムーズにコミュニケーションが取れる社交センスがあり、空気を読んだスマートな振る舞いができるので人から好かれます。誰からも愛される才能は天秤座に与えられたギフトです。 天秤座の守護星は金星。「楽しみ」「贅沢」「エレガンス」「洗練」「優雅」がキーワードです。天秤座が好む美しさは、調和がとれている状態のこと。 天秤座の新月では、中立・中庸を守り、世界のバランスを整え、全てをより良い方向に統合し、調和をもたらそうとするエネルギーが働きます。 天秤座のパワーにあやかって、良好な人間関係にまつわる願い事や、パートナーシップ、新しい出会い、環境を美しく整えること、自分を美しくすることなどの願い事を書くとよいでしょう。

天秤座のキーワード

「バランス」「調和」「公平」「客観性」「交渉」「裁判」「法律」「恋人」「夫婦」「ビジネスパートナー」「恋愛」「出会い」「結婚」「人間関係」「社交性」「人気者」「流行」「ファッション」「美容」「エレガンス」「美意識」 ・私は仕事と家庭のバランスを上手にし、人生を優雅に楽しみます。 ・私は最高の仕事仲間に恵まれ、毎日楽しく働いています。 ・私は、自分の望む環境で優雅に働きながら、十分な収入を得られます。 ・私は、いつでも心の調和を保つことができ、とても幸せです。 など、天秤座のキーワードを文章の中に取り入れたり、天秤座の得意分野の願いを書くと、天秤座新月のパワーを受け取りやすくなります。 自分自身に対する肯定的な宣言「アファメーション」を書くと考えるとわかりやすいかもしれません。

願い事を書く時間帯

2021年10月6日の20:07に天秤座で新月が起こります。 新月を迎えてから48時間以内に、願い事を紙に書き出します。必ず、新月の時間を過ぎてから準備をし、書き始めること。 できれば、新月から8時間以内が月の力が強力であると言われています。 「月の力が発揮されない時間」「月の力が無効になる時間」ボイドタイムの時間は避けるようにます。 新月天秤座新月のボイドタイムは10月7日14時4分〜23時23分までになります。

願い事を書いたら

便箋やノートなど紙とペンを用意します。紙やペンの色に指定はありませんが、自分の気持ちが盛り上がるのが基準です。消せないペンがおすすめです。 ペンの色にカラーセラピー効果を期待して、赤・青・緑・ピンクなど、それぞれの色にまつわる意味やパワーを調べてから書くのも楽しいでしょうし、紙にこだわりを持つのも気分が高まりますね。 重要なのは。手書きで書くこと。 願い事は2個以上10個まで。 主語を明確にし、そして肯定文で「私は~です」「私は~になります」とその願いが叶ったことを前提として宣言の形で書きましょう。 「~しますように」という文章では、お願いしている状態(叶っていない状態)を望んでいることになります。 書いた紙に日付と時間を書き入れ、一度ノートを読み返してみましょう。書いた文章を読んで、思わずニヤニヤしたり、幸福感を得られたらOKです。 書き終えたら大切に保管します。たまに読み返しても、見返さなくても問題ありません。書いた内容を忘れてしまってもOK。 顕在意識は忘れても、潜在意識にはインプットされています。

2010年10月の月のリズム

ピース・ウーマン的「新月の願い事」では、新月だけではなく、月の満ち欠けのリズムの力も利用します。 【月の力】新月の願い事、デクラレーションとは?願い事・アファメーションの書き方・叶え方[スピリチュアル]

上弦の月

10月13日12:26(山羊座)

満月

10月20日23:58(牡羊座)

下弦の月

10月29日 5:06(獅子座) 「願い」は自分の可能性の種です。幸せの種をたくさん植えて、花を咲かせ、豊かな実りを受け取りましょう。
タイトルとURLをコピーしました